水道業界ファーストクラスの横浜水道修理隊

横浜市

横浜でいつ起きるかわからない水道修理を承っております。水が流れない、止まらない、漏れている、流れ続けるなど、水トラブルは様々で普遍的に起きてしまいます。そんな、トイレつまり等の詰まった排水のつまり抜きや水回りの水道修理のことは、当社にご遠慮なくご連絡下さい。

排水のトラブルについて

トイレのつまりや排水のつまりなど、水まわりのトラブルは、いつ起こるかわかりません。マンションや集合住宅では、自分の部屋だけでなく階下や同じ集合住宅に住んでいる住民にも被害と迷惑をかけることがありますから、深刻度が増してしまいます。また、水漏れのトラブルでも見過ごしていると大変な事態になってしまうこともあります。しかし、いざとなると、どこに水道修理を頼んだら良いのかうろたえるばかりになります。水道は、ライフラインでも重要です。水まわりのトラブル全般に即座に対応してくれる業者がいると、心強いものです。日頃から何か事が起きたらすぐ相談できて長く付き合うことが出来る、そのような業者を前もって見つけておけば慌てることもありませんして失敗することもありません。インターネットには多くの業者のサイトがあります。その中から、応急の水道修理方法を掲載しているサイトを日頃から探しておいたらいかがでしょうか?寒くなってくると水のトラブルで多くなるのが排水つまりです。排水つまりは、油分が硬化して起きるのが多く、未然に防ぐ方法としては、洗い桶1杯(残り水でOK!)の水を流すことによって防ぐことができます。また、ほとんどの方が知らないことなのですが、ラーメンの汁も油分を使用しているので冷めると油分が硬化してしまいます。油分を流した時には、洗い桶1杯の水を流すように心がけていると簡単には、排水つまりが起きなくなります。

詰まったトイレのトラブルについて

トイレつまりで家にあるラバーカップで修理してみてもつまりの状態が変わらないなんてときには、トラブルのあるトイレを使用中止にして、お近くのトイレ修理のプロに相談するほうが失敗しなくて済むことでしょう。普通のトイレットペーパーだとかトイレ専用のお掃除ペーパーについても大量に流してしまうなんてことをやったら便器つまりが発生する理由になるのです。トイレットペーパーで発生したトイレつまりに関しては、温かいお湯を流してやるとあっさり片付く場合も珍しくはないのです。専門のトイレ修理業者の方に依頼する前に、まずは試してみるのはいかがでしょう。ゴミや汚れが流れ込んだり菌類の繁殖などで、キッチンの排水口というのはつまりの発生しやすいエリアなのですから、毎日気を配って、つまりに重点を置いた準備をしておくことが大事なのです。

神奈川県出張エリア紹介
神奈川県エリア目次
横浜市 港北区 青葉区
戸塚区 旭区 神奈川区 港南区 金沢区
泉区 都筑区 磯子区 南区 栄区
緑区 瀬谷区 中区 西区 鶴見区
保土ヶ谷区 川崎市
藤沢市 平塚市 厚木市 綾瀬市 茅ヶ崎市
鎌倉市 座間市 伊勢原市 三浦市 海老名市
相模原市 大和市 秦野市 逗子市
小田原市 横須賀市

横浜市の水漏れ修理資材

基本料金
水まわり修理作業内容 料金(税別)
トイレつまり・排水のトラブル 2,800円 から
台所・風呂・洗面所・排水管
つまり抜き修理
グリストラップのつまり・あふれ
水漏れの修理 1,800円 から
蛇口の水漏れ・補修・修理
悪臭・原因調査 3,000円 から
排水管ジェット洗浄 16,000円 から

便所(トイレ)のトラブル
水まわりで一番多くご使用される場所が便器やトイレです。使用頻度が高いのでつまり等のトラブルが発生し修理依頼が多いのがトイレだと言えます。

トイレつまり トイレ(便所)は、欠かすことのできない場所であり必然的な人間の生理現象で1日に何度も水をご利用になり排水し流す箇所です。個人差がありますが使用頻度に比例してトラブルが起きる可能性も高くなっていきます。
トイレつまりの一番の原因はトイレに流してはいけないものを流してしまったことで詰まらせてしまったな修理案件が多い。その代表格がティッシュペーパーです。トイレットペーパーがなかったからといってティッシュペーパーを代用しないで下さい。水に溶けやすいものであっても、トイレットペーパーより固くできているので詰まる可能性があります。また、お掃除用のペーパークリーナー等も水溶性のものがありますが、トイレットペーパーと比較して固いので詰まる可能性が高いです。その他、生理用ナプキンを誤って便器に流してしまったり、ポケットの中に入っていた財布やスマートホンを流してしまうことやお子様が誤っておもちゃなどを落として詰まらせることもあります。
ラバーカップ(カツポンやスッポンとも言う。)を使っても解消されないようなトイレつまりは、下水管で詰まっていることがあります。小便器で起きた時には、尿石や水垢が原因の可能性も考えられます。臭いがするようでしたらそのような下水トラブルの可能性が比較的高いです。
トイレに水が流れない・タンクの水がたまらないケー
タンクのレバーを回しても水が流れなかったり、チョロチョロと少ししか水が流れないことがあります。洗浄水が流れにくい症状で、トイレットペーパーを少しだけ流してみると排水していかない(流れていかない)ので、そのまま詰まってしまうことも想定できます。タンクに正常に水が貯まらないと洗浄の水が流れにくくなります。まれに、タンク内部にペットボトルや洗浄剤などが入っていると、それが、ゴムフロートに引っかかっていることがありますのでタンク内を点検してみて下さい。また、ゴムフロートが劣化していて隙間から水漏れしている可能性もあります。その場合は、新しいものに交換するといいでしょう。
タンクの給水が止まらない
トイレに水を流した後に手洗い管の水がずっと流れたままになってしまうケースは、タンクレバーのハンドルについている玉鎖が切れていたり外れてしまっていることが考えられます。本来なら、タンク内の水を排水する弁を閉じて止水するのですがそれができない状態だと水が流れ続けてしまいます。こんな場合には、一度タンク上蓋を開けて玉鎖がどうなっているか確認してみるとよいでしょう。
ウォシュレットからの水漏れ
ウォシュレットは、家電製品です。従って、対応年数もあります。長年使っているとウォッシュレット本体やノズル部分から水漏れしてくることがあります。駆動部や部品として使われているゴブ類が経年劣化や汚れによって起きる撮らぬるなので、こんな場合には、製造メーカーのサービスに修理依頼するか販売店に修理してもらうとよいでしょう。また、当社でも修理対応させていただきます。できるだけ、日ごろのお手入れを気をつけて予防するとよいでしょう。
トイレの水位が下がる時の原因
蒸発
トイレを長期間使用せず放置していると便器に溜まっていた水が蒸発してしまいます。特に夏場など気温が高い日が続いている場合には封水が蒸発して下水の臭いがすることもあります。
毛細管現象
液体には、細い隙間や溝に入り込もうとする性質があり液体の粘度が低いほど、その性質が強くなります。この現象がトイレ内部で起こることがあります。水を流したとき水量が不十分だった場合、排水トラップ上部にトイレットペーパーが残ってしまうことで毛細管現象が起こり徐々に水がトイレットペーパーに引き寄せられてしまうことで便器内の水が減っていきます。
サイフォン作用
便器には、臭いを発生させないために封水があります。その封水をためる堰をのりこえて汚物や紙類を洗い流すために利用されているのがサイフォンの原理です。排水管に曲がりを多用した場合や勾配の問題がある場合など、サイフォン現象の作用が適切に働かずに封水の量が減ってしまうことがあります。
誘引現象
2階以上の建物でトイレ排水した場合、封水が排水立管に流れ出してしまいます。トイレでも同様の現象が発生することがあります。この場合、通気管を設置するなど排水通気の改善が必要となります。水位が下がる原因は、いずれもトイレの詰まりが直接的な原因ではありません。封水の水位が減ってしまった場合、ご自身で可能な対処法としては、まず「大量の水を一度流す」ことです。大量の水を流したあと、封水の量が回復すれば良いですが変化がない場合には排水設備の見直しが必要になることがあります。

お客様評価
排水管の目つまりが原因でした|横浜市
ユニットバス内のトイレつまりで困っていました。数日前からトイレを使って排水をすると台所や洗濯機置き場の排水口から逆流してきて水が漏れる状態でした。お仕事が休みに気持ちが悪くなってトイレを使ったら完全にトイレつまりがなおらなくなってしまいました。私たちでなんとかトイレつまりを解消しようと頑張ったけどダメでトイレ修理業者に解決してもらおうと電話連絡をして修理対応してもらいました。排水管の目つまりだと原因がわかってつまり抜き修理が終わるまでだいぶ時間がかかりましたが解決できて助かりました。

横浜地区担当サポート

小金井市の水道屋 練馬区の水漏れ修理会社
copyright©2019 横浜水道修理隊 all rights reserved.