修理活動で感じた点について

スタッフブログ

トイレットペーパーで発生したつまりだったら、温水を注入すると流れが復活するケースもあるようです。
トイレ修理のプロに来てもらう前に、一度やってみるといいのでは。役所から、「お宅の水道代金がいつもと比べて急に高くなっています。」「漏水している可能性があります。」等の通報が送付された場合は、とにかく調べてみてほしいのが、トイレロータンクが原因の水漏れです。かなりの割合で、トイレのつまりが発生しても、ラバーカップというおなじみの道具を持ってきて使えば、復活させることができるわけですけれども、うまくいかないときは、重大なトラブルが起きているケースもありうるのです。大部分の事案で、プロのトイレ修理業者に申し込まなければ解決は無理なので、賃貸住宅やアパートなどのケースは管理している会社へ、持ち家のケースでは専門業者に診てもらって、すぐに問題解消するのがいいと思います。
後のトラブルが発生しないように、水道修理業者に依頼するなら事前に、とにかく料金の仕組みを教えてもらっておくべきです。ちゃんと前もって調査しておくと、大部分のトラブルを未然防止可能です。キッチンだからこその汚れともいえる余った油分などだと、セットした排水口のネットを通ることになるため、苦労しても排水口にベッタリとついてしまい、つまりの元凶となってしまっていることが多いのです。補修に不可欠な部品そのものが入手できない場合もかなりあって、どうにか水漏れしている場所の部品を突き止めても、部品の購入ができなくて修理できなかった…そんなケースを聞くこともよくあります。水漏れなどの修理を依頼する際、あるいは見積もりをする場合に、ご利用中のトイレのタイプや品番を確認する必要があるので、トイレのタイプなどに関しても調べておきましょう。
工事業者に水道工事や修理を依頼する際、一番にご注意いただきたいのが、「公式な水道局指定業者かどうか?」ということなのです。不当な支払いを求めるとかいい加減な作業の工事など、いざこざが珍しくないという現実に目を向ける必要があります。どこの家でも普通に起きる問題なんですが、水道が関係するトラブルというのは、プロの力を借りずに直すことは不可能です。高い技能やノウハウが必要なので、実績が豊富な水漏れ修理会社で修理してもらうのがベストな選択です。ずいぶん使い込んだ洗面台の場合、トイレの修理をするのもいいけれど、オシャレな新しいシャンプードレッサーに思い切って交換しては?その方が気分も操作性も向上しますよ。小さなゴミを止める網やネットなどをあらかじめ排水口のところにつけてやるとか、カスやほこりは排水に落とさず拭き掃除を行うといった処理をすることで、排水のつまり問題の確率を大幅に低くできるのです。設置して10年近く経過したトイレが壊れたときは、手間暇かけて修理したのに、ちょっと使うと漏水・水漏れの再発が続く場合がよくあるのです。トイレの使用期限だと思われるので、新品のトイレへの取り換えが最も賢い方法です。
バスルーム内で、特に水漏れすることが多いのはやはりトイレ部分です。ちゃんと締めたにもかかわらず水漏れしている状態なら、トイレのパッキンとかコマ、ナットのうち傷んだ部品類を交換しなければいけません。ゴミなどが入り込んだり菌類の繁殖などで、排水口の近くはつまりが起きやすい場所に違いないので、毎日気を配って、つまりを発生させないような準備をしておくのが大切です。



神奈川県エリア目次
横浜市 港北区 青葉区
戸塚区 旭区 神奈川区 港南区 金沢区
泉区 都筑区 磯子区 南区 栄区
緑区 瀬谷区 中区 西区 鶴見区
保土ヶ谷区 川崎市
藤沢市 平塚市 厚木市 綾瀬市 茅ヶ崎市
鎌倉市 座間市 伊勢原市 三浦市 海老名市
相模原市 大和市 秦野市 逗子市
小田原市 横須賀市

横浜地区担当サポート

神戸市水道レスキュー
copyright©2019 横浜水道修理隊 all rights reserved.